スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年03月31日

東京マルイ フォリッジウォーリア 分解 ~フレーム篇~

 東京マルイのフォリッジウォーリアを分解していきます。
 今回は、フレームを分解します。
 ただし、塗装のための必要最小限の分解ですので、完全分解ではありません。
 また、実際に分解し乍ら撮影をしているため、オイルがついたままの画像がおあります。

 ここでご紹介した通りに作業を行なって、本体やパーツの破損、パーツの紛失、怪我などをされても責任は一切負いませんので、あくまで自己責任で作業をしてください。

 グリップパネルを固定しているグリップスクリューを六角レンチで外します。

 グリップパネルをフレームから外します。サムセフティを掛けた状態の方が、サムセフティとグリップパネルが干渉しないので外し易いと思います。

 ハウジングピンを抜き出します。

 ハウジングピンには、抜け止めのローレット加工がしてあるので、左側に抜きます。ハンマースプリングハウジング内のハンマースプリングによってテンションが掛かっているので抜きづらいかもしれません。ピンポンチとプラスティックハンマーを使うと楽に抜けると思います。

 ハウジングピンを抜くと、上記テンションによってハンマースプリングハウジングが外れてくるので、そのまま引き抜きます。

 ハンマーを起こした状態でサムセフティを掛けて、プランジャーガイドをフレームから外します。

 左側のサムセフティを外します。

 右側のサムセフティを外します。

 このとき、左右のサムセフティを繋いでいる連結板が外れることがあるので注意します。

 グリップセフティをはずします。

 シアースプリングと他のパーツの位置関係を覚えておきます。

 シアースプリングを外します。


 ハンマーピンを左側に抜きます。


 シアーピンを左側に抜きます。
 このピンを抜くをディスコネクターが落ちてくることがありますが、その様な構造になっているためです。

 シャーシを固定しているボルトを六角レンチで外します。ネジロックが付いているため、個体差もありますが非常に固い場合がありので、ネジをなめない様に注意します。

 シャーシを固定しているもうひとつのネジを外します。

 シャーシをフレームからゆっくり引き出します。

 シャーシを一気に引き出すと、ノッカーロックスプリングが飛び出すことがあるので注意します。

 マガジンキャッチロックのネジを左に回して、マガジンキャッチを外します。


 マガジンキャッチには突起があるため、持ち上げた後に180度回して取り出します。


 トリガーとトリガーバーをフレームの後方から引き出します。

 マウントレイルを固定している2本のボルトを六角レンチで外します。

 マウントレイルは内側のネジで繋がっています。また、フレームの2つの穴に固定されているので、軽く引っ張ってから下に回してフレームから外します。

 これで、フレームの中は空になりました。  


Posted by 飛梅  at 01:06Comments(0)Painting Custom

2013年03月25日

東京マルイ フォリッジウォーリア 分解 ~スライド篇~

 東京マルイのフォリッジウォーリアを分解していきます。
 今回は、スライドを分解します。
 ただし、塗装のための必要最小限の分解ですので、完全分解ではありません。
 また、実際に分解し乍ら撮影をしているため、オイルがついたままの画像がおあります。

 ここでご紹介した通りに作業を行なって、本体やパーツの破損、パーツの紛失、怪我などをされても責任は一切負いませんので、あくまで自己責任で作業をしてください。

 マガジンを抜きます。

 スライドの切り欠きとスライドストップを合わせて、スライドストップを抜きます。

 フォリッジウォーリアのスライドストップは、反対側がフラットになっているので、抜きにくいかもしれません。
 今回は、ピンポンチで押し出しました。

 リコイルスプリングガイドをピストンから外します。

 リコイルスプリングガイド,リコイルスプリング,リコイルプラグをスライドから抜きます。リコイルスプリングガイドは、リコイルスプリングによってスライド後方へテンションがかかっているので、しっかり押さえていないと飛び出すので注意が必要です。
 リコイルスプリングガイドをしっかり押さえ乍ら、リコイルプラグをスライドから少しずつ出していくと外し易いかもしれません。


 バレルアッセンブリーをスライド前方から引き出します。


 チャンバーカバーを捻る様にして、アウターバレルのショートリコイルカム部分から外して、インナーバレルをアウターバレルから引き抜きます。

 リアサイト上部とスライド後部の六角穴付ボルトを外します。


 六角レンチで外します。ブローバックの衝撃で緩まないようにネジロックが付いているため、硬い場合があります。無理に六角レンチを回してネジをなめないように注意します。

 リアサイト上部のネジもブローバックの衝撃で緩まないようにネジロックが付いています。
 ネジ部分に付いている赤いものがネジロックです。

 スライドを左右に拡げて、ピストンを外します。無理にスライドを拡げるを破損の可能性があります。
 また、シリンダーリターンスプリングが飛び出してくる可能性があるので注意します。


 シリンダーリターンスプリングには向きがあるので、組み込むときに逆にしない様に注意します。


 リアサイトを右にずらして、後ろを持ち上げてスライドから外します。

 フロントサイトを左側にずらしてスライドから外します。非常に硬い場合がありますので、無理な力を加えない様に注意します。


 スライドレールのネジを抜き、スライドレールをスライドから外します。

 これで、スライドの中は空になりました。

 次回、フレーム篇へつづきます。  


Posted by 飛梅  at 01:05Comments(0)Painting Custom

2013年03月18日

東京マルイ フォリッジウォーリア 分解

 先日、軽くレポートしたFOLIAGE WARRIORです。


 今回は、この塗装カスタムをしてみようかと思っています。
 

 塗装といえば、まず分解です。
 この後、分解手順をスライド,フレームに分けてご紹介していこうかと思います。
 自分のための記録という意味でも記事として残しておきたいと思っています。  


Posted by 飛梅  at 01:04Comments(0)Painting Custom

プロフィール
飛梅
飛梅
不惑を超えたおじさん。
ToyGunが好きなわりには知識が追いついていません。

< 2013年03>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE