スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年10月10日

Smith & Wesson M586 4in ( Marushin )

 マルシンの組立てキットモデルガン(HW)です。
 プロの手による組み立ておよび、塗装が行なわれています。
 塗装は鋼鉄感のあるヴィンテージフィニッシュ。



 M586は同じ4inをMGCで所有していたのですが、HWであることと、リアル感がある様に思えたので購入してしまいました(2006年8月に約40k)。勿論、未発火です。
 グリップはMGCと同様にDAVIS擬き(プラキャスト製)にしてあります。



 M586は、S&W社のLフレーム。とてもバランスがいいと思います。
 グリップがDAVIS擬きになっていることも手伝っている?

 .357Magnum弾を使用できるKフレームのM19が耐久性に不安があったので、、ひと回り大きくして耐久力を向上させるために造ったLフレームの最初の銃らしいです。
 と言っても、Lフレームに他に何があるかは知りません。(^^)ゞ

 フルレングスアンダーラグがどことなくパイソンを想像させます。
 もしかして、パイソンを意識して(対抗馬として?)設計されたのでしょうか?



 一応、スイングアウトの画像です。



 MGCと並べてみました。

  


Posted by 飛梅  at 00:07Comments(0)M586

2011年10月01日

Smith & Wesson M586 4in ( MGC )

 新Blog第1弾の記事を何にしようかと迷った末、コレにしました。
 この趣味を本格的に再開する前(と言っても20年以上前ですが)に、最初に買ったモデルガンです。
 今は無き、上野のMGCで買いました。言うまでもなく「あぶない刑事」の影響です。(^^)ゞ


 
 「あぶない刑事」放映当時は、今よりも銃に関する知識が希薄だったので、画面に映る銃を見て「あの銃何だ?」という感じでした。そんなとき、あるTV雑誌でドラマの特集記事で、この銃がS&W M586であることを知りました。そして、上野のMGCへ・・・。

 購入当時は、ガンガン発火させて遊んでいました。
 マズルフラッシュもそれなりに楽しめた記憶があります。



 グリップはやはりDAVISにしたかったのですが、当時「グリップにその価格は出せない」という価格だったように記憶しています。確か12k位だったかなぁ。まぁ、金銭感覚は人によって違うので何とも言えませんが・・・。
 それでも、やっぱり欲しくなり購入を決意したときには既に入手できなくなっていました。当時は、今程ネットが普及しておらず、情報にも疎かったこともあると思います。



 画像のグリップは、DAVIS擬きのプラキャスト製です。
 この趣味を本格的に再開した頃に購入しました。
  


Posted by 飛梅  at 00:02Comments(0)M586

プロフィール
飛梅
飛梅
不惑を超えたおじさん。
ToyGunが好きなわりには知識が追いついていません。
< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の記事
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです