スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年07月23日

Gun誌の今後の今後

 この話を聞いた(知った)のは、丁度一ヶ月程前でした。
 Gun誌が復活するみたいです。
 その名は「Gun Magazine」。ユニバーサル出版(株)から7月27日発売。
 定価は1,000円。創刊号は1,200円(いずれも予価)。


画像はユニバーサル出版(株)様から拝借しています。
著作権は、ユニバーサル出版(株)様にあります。

 既に、Gun誌のライターさん達の殆どが携わっている「Gun Professionals」がホビージャパンから刊行されています。こちらは5号が発行され、先月号から正式に月刊誌となりました。
 一方、「Gun Magazine」は、表紙のロゴ(?)文字の「Gun」がGun誌に似ている、というか、そのものの様に思えます。
 上のリンクを辿ったときに表示されるテロップは、「この度、私どもはユニバーサル出版(株)を設立・・・」という文章から始まります。この「私ども」が誰を指すかは、はっきりとは判りませんが、おそらく国際出版の編集スタッフであると思われます(あくまで私見です)。
 一方、国際出版のサイトは、現在既に消滅している様です。

 「Gun Magazine」がどの様な内容になるのかを想像してみました。
 表紙のロゴや上述の「私ども」が私見通りなら、Gun誌に近いものになるのではないでしょうか。
 そうなると、Gun誌のライターさん達の殆どが携わっている「Gun Professionals」と、どうやって差別化をしていくのかが気になるところです。その前に、ライターさんが集る(集っている)のか?

 まぁ、取り敢えず27日を待って買ってみようかと思います(立ち読みかもしれませんが)。  


Posted by 飛梅  at 00:28Comments(0)Book

2012年02月26日

Gun Professionals 創刊

 いよいよ2月27日に創刊されますね。
 近所のショップで早速購入してきました。


 詳しい内容は、お楽しみということで書きません。
 ざっと見た感想だけを書いてみます。

 まず、背表紙がGun誌そっくり。裏表紙もパッと見だとGun誌と区別がつかないかも・・・。
 ライターの方々が軒並み異動されているためか、記事構成もGun誌に似ている気がします。長年に亘りGun誌に親しんできた読者には移行し易いと思います。

 トイガンファンにとって残念なのは、ニューモデルのページが縮小されていることです。Gun誌では、基本的に1挺/頁でしたが、6挺/頁になっています。必然的に1挺ごとの記事(文章)が減っています。
 ただ、Toy Gun Laboratoryとして、特定のトイガンについて4~6頁の記事が載っています。まぁ、これはGun誌のときもありましたね。

 あと、今回だけかもしれませんが、ポスターのオマケが付いていました。


 実銃の記事あり、トイガンの記事ありで、今後も大いに期待できると思います。
 定期購読、申し込もうかなぁ・・・。
  


Posted by 飛梅  at 00:20Comments(2)Book

2011年12月28日

Gun誌の今後 (2)

 先日、Gun誌の今後について書きました。
 もうご存知の方も多いかとは思いますが、今日それが明らかになりました。


 雑誌のタイトルは「銃・射撃の専門誌 Gun Professionals」。
 上の画像は、本日発売の「Arms MAGAZINE 2月号」の付録です。
 (付録はこれの他に「Gun Professionals 2012 CALENDAR」があります。)
 今回は、創刊前のパイロット版として「VOL.0」になっています。
 それでも、フルカラー64ページで読み応えはあると思います。
 創刊は、2012年2月27日(2012年4月号)とのこと。B5版・212頁・1,200円。
 新年度号からのスタートということみたいです。本の出版にどれ位の期間を要するかは詳しく知りませんが、準備期間を考慮した結果の4月号ということなのでしょうか。それとも、単なる偶然か・・・。

  


Posted by 飛梅  at 00:13Comments(2)Book

2011年12月19日

Gun誌の今後

 Gun誌が休刊になってから3ヶ月が経とうとしています。



 国際出版のサイトは残っていますが、BBSは閉鎖されている様です。
 そんなGun誌ですが、16日にある情報を入手しました。
 既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。
 あくまで未確認情報ですので、真偽の程は各自でご確認ください。

  ・Gun誌のライターさん達が集って、ホビージャパンからアームズマガジンの別冊として雑誌が出る
  ・その名は、なんと「Gun」

 入手した情報によると、アームズマガジン2月号(つまり来月号)に告知があって、別冊が刊行されるのは3月号からでは? とのことでした。
 情報元は明らかにできませんが、そこに情報が入ったのも14日頃だということです。
 国際出版側は怒っているらしいですが、そもそも休刊に追い込んだのって、・・・(以下、自主規制)。

 繰り返しますが、あくまで未確認情報です。
 真偽の程は各自でご確認ください。
  


Posted by 飛梅  at 00:11Comments(0)Book

プロフィール
飛梅
飛梅
不惑を超えたおじさん。
ToyGunが好きなわりには知識が追いついていません。

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の記事
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです